読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMAP×SMAP最終回を観てしみじみ泣いた後に書いた文章

SMAP×SMAPの最終回をお酒飲みながら観て謎のハイテンションに至った挙句、ものすごい長い連続ツイートでTLを荒らしまくった反省から、「長い文章はブログに書いた方がよい」ことに気付いた(一般常識)結果、当ブログを始めるに至りました。

 

以下はその時の文章の転載です。

 

 

SMAPが無くなってしまって悲しい。特にファンでもないのになぜか悲しい。にわか乙とか、バラエティ番組の演出に本気で感動しちゃって単純ね、とか言われたらそれまでだけど、ファンでもないのに泣いちゃった人って案外多いんじゃないかと思ったし、だからこそSMAPは"国民的アイドル"なんだとも思う。

 

思い起こせば、2年前に27時間テレビフィナーレのSMAPライブを観ながらぼんやり考えた事だけど、"アイドル"という存在って、極端な話単なるウソでしかない。華やかなだけじゃなくて、裏ではきっとドロドロした事も沢山あるけど、テレビの前ではキラキラした所だけ見せている。

 

それをウソだと言うと、確かに身もフタもない。でもそのウソを信じて乗っかる事がファンになるという事だし、"夢を見る"ってつまりそういう事なんだと思う。

 

キムタクと言えば何でもできてイケメンの代名詞で、慎吾ちゃんは弟みたいないじられキャラで、吾郎ちゃんはちょっととぼけてて、草彅くんはめっちゃ良い奴で、中居くんはみんなをまとめる理想のリーダー…みたいな。メンバー1人1人が本当にはどんなヤツかなんて、関係者以外は誰も知らない。でも、とにかく何の根拠も無くそう信じている。人によって多少違っても、おおよそ似たようなイメージをみんなが共有している。それは一種の共同幻想だ。それも国家的な規模の。SMAPに対して、そんな物すごい現象が実際に起こっていた。

 

アイドルなんてウソっぱちだから、「下らない」と言う人もいる。その通りかも知れない。でも、すごく寂しいものの見方かも知れないけど、アイドルのファンになるということは、いやアイドルじゃなくてもいい、誰かを好きになるということは、ウソを受け入れることなんじゃないだろうか。その人のここが好き、こんなところが素敵。でもその人が本当に何を考えているか何て誰にも分らない。心を動かされたその振る舞いも、単なる演技だったり、ゲスい目的が隠されているのかも知れない。その人自身にすら分っちゃいないこともある。

 

でも僕らだって、そんな事は薄々分っているのだ。分った上で、僕らは心動かされることを止めることができない。なぜならその人が好きだし、信じているから。"好き"って詰まるところ、そういう矛盾を抱えることなんじゃないだろうか。更に言うと、本当に大事なことはその人がウソをついているかどうかですらない。大切なことは、SMAPが国民的アイドルなのは"本当"だし、その解散をこれだけ沢山の人が悲しんでいるのも紛れもない"本当"だということ。たくさんの人々が彼らを好きになり、知らず知らずのうちに信じたからこそ、彼らはアイドルだった。ウソをつく側、騙される側が手を取り合って作り上げたもの、それがSMAPだった。彼らが " 国民的アイドル " だったことだけは、誰にも否定することなんてできない。

 

ウソ(かも知れない何か)から"本当"が生まれた時、ウソがウソだったかどうかなんてどうでも良くなる。ウソと本当の違いが大した事じゃなくなる。

 

"本当"を生み出すウソ。人はそれを大昔から、「物語」と呼んできた。

 

信じること、夢を見るということの価値は、「物語」を生み出すことにある。

 

SMAPという物語はもう本当に失われてしまったし、この先同じ様な存在が出てくるアテもない。一篇のとても長大な、かけがえのない物語が終わった。こんなに悲しいのは、だからなんだと思う。